TeamViewer 購入形式が変更に

TeamViewerがバージョンアップされ、バージョン13の登場となっています。

このバージョンからサブスクリプション契約形式となりました。あまりご存じない名称とは思いますが、実は身近なところでいろいろ使われています。

例えば、最近流行りの動画配信サービスであるNETFLIXやHulu、dビデオのように、毎月一定額を払うとフルサービスを受けられるという点です。

ソフトウェアで言えば、WORDやEXCELの統合ソフトであるマイクロソフトオフィスの一サービスであるOffice365もサブスクリプション契約となっています。

さて、今回から導入されているTeamViewerのサブスクリプション契約は、従来通りの4タイプの中から、業務に最適なものを選ぶようになっています。

TeamViewer購入ページ

残念ながら、今のところ年契約となっているため、スポットで使いたいということには使えませんが、新しく登場した形式により、今後柔軟に対応されるかもしれません。

TTSパソコンサポートでは、クーポンを発行しています。

法人、事業主の方はライセンス購入が必要になりますので、購入時にぜひ活用してください。