Androidのマイクロソフトエッジ

窓の杜より「Android向け「Microsoft Edge」プレビューが利用可能に ~一通り試してみました

Windows10から搭載されたマイクロソフトエッジはインターネットエクスプローラーから切り替えられた初期状態のウェブブラウザです。

そのマイクロソフトエッジがアンドロイドに登場となりました。

中身のレンダリングエンジン(中身の基本のプログラム)は、マイクロソフトが作ったEdgeHTMLではなく、グーグルクロームに使われているBlinkだそうですが、これによりWin10との親和性が良くなり、“お気に入り”や“リーディングリスト”、パスワードなどのデータが同期されるという、グーグルクロームやファイアフォックスと同様な機能が提供されるようです。