TTSパソコンスクールの革命とは 第2回

私たちTTSパソコンスクールでは、今までにないパソコン教室を目標に立ち上げることにしました。
どのように違うのか。
それをインタビュー形式でお送りしたいと思います。

全4回・第2回 ■←第1回 第3回→■

第2回
カルチャースクールは高い! 時代に沿わない金額設定。

− パソコン教室に限らず、カルチャースクールは高いですよね。

T 人に教えるというのは、確かにそれだけの対価を支払ってもいいとは思います。個人的には、英会話教室は足元を見ているなという感じは否めませんが、それ以上にパソコン教室は高いと思います。

− それは、どうしてでしょう。

T 先ほど(編注:第1回目のこと)、雇われているのはパソコンを知らないパートさん。と言いましたが、多くのパソコン教室は、テキスト通りでは、うまく教えているとは思いますが、それ以外については、全く知らない人が多いのです。

− ビデオ学習というのもありますよね。ビデオを繰り返し見ながら、操作を何回も行って覚えるやり方ですね。予備校だと、サテライト学習というのがありますね。

T そうですね。この場合、ほとんど1から10までビデオの人が教えてくれますので、それでもわからない場合フォローすることはなりますが、まあ、ビデオに没頭するので、聞くに聞けない人が多いのではないのでしょうか。

− しかし、そうなると、教室内にいる人って意味あるのでしょうか?

T そこです。なんちゃら先生というのがいたりしますが、その方は聡明だと思います。しかし、そこで働いている人たちは、とても先生とは呼べません。先ほどの枠でしか教えないというのも、そこの教室の価値を下げているということを認識すべきです。

− 手厳しいですね。

T 働いている人たちは、給料のことを考えれば、それでいいのかもしれませんが、来ている生徒さんにとって、パソコンの楽しさのほんのわずかしか得られないというのは、非常にもったいないと思うからこそです。

− 教室に通っている割に覚えていないというのも多いですよね。

T そこの部分は個人差があるとは思いますが、費用対効果で考えれば、あまり効果が得にくいというのも確かでしょう。また、先程の話に戻りますが、料金を考えるとどうしても高いのです。特に、1時間いくらというチケット制度の場合、1時間1000円以上するのはザラです。どうして、そんなものにお金をかける必要があるのでしょうか。とてもそんな価値があるとは思えません。それが、許されるとは思えないのです。

− なるほど。そこで、TTSパソコンスクールでは、金額を大幅に下げることにしたのですね? 採算は取れるのでしょうか(笑)

T そうですね(笑)。まずは、目標100名の獲得です。100名を超えれば、ラインに乗ります。それだけの用意は出来ています。


第3回→パソコン教室はWord,Excel? 時代にそぐわないシステムを破壊する!

低価格でも高品質の新しいパソコンスクールはこちら!↓